会員リスト

The  Complete and thorough bio-bibliography of the SFWUK member writers

韓国SF作家連帯の全体会員リスト

ファン・モガ (황모과)

東京在住。数年に渡り4ヶ所ほど日本のマンガ家のスタジオでアシスタントとして働いた経験がある。「ヤングマガジン」「別冊少年マガジン」「エブリスタ・コミック」で日韓翻訳・通訳者・編集協力として活動してきた。生活のため、IT企業で6年ほど企画・運営職に勤務していたこともある。
韓国のウェブ小説プラットフォーム「BritG」で「家族になる道 (가족이 되는 길)」, 「マネキン三号 (마네킹 삼호)」, 「残された者たちの時間 (남겨진 자들의 시간)」が編集部推薦作に選出された。「モーメント・アーケード (모멘트 아케이드)」で第4回韓国科学文学賞、中短編部門で大賞を受賞。2020年8月、韓国文化放送(MBC)で放送予定の「ARブラインドラブ (증강 콩깍지)」ドラマ原作を契約。出版社「安全家屋」から「大スターアンソロジー (대스타 앤솔로지)」として出版された。
2020年6月、短編集「夜の顔たち (밤의 얼굴들)」を出版した。テクノロジーを通して日韓の過去歴史に照明を当てた作品「縁、遅くても会いましょう (연고, 늦게라도 만납시다)」と「西早稲田駅B階 (니시와세다역 B층)」、記憶と感覚を題材に他人の記憶を体験し共感できる世界を描いた「あなたの記憶は幽霊 (당신의 기억은 유령)」、日本の都市伝説を介して日韓の友情を描いた「透明ランナー (투명 러너)」など6作を集めた。


Bio-bibliography written and  translated by Mogua HWANG.
The SFWUK and the introduced writer hold the copyright on each bio-bibliography. Please contact the SFWUK at int@sfwuk.org to request permission to use the content.

著者: ファン・モガ | 翻訳: ファン・モガ(日本語版)

この作家紹介の著作権は韓国SF作家連帯と個々の会員にあります。内容に関する質問は int@sfwuk.org にご連絡いただきたいです。