会員リスト

The  Complete and thorough bio-bibliography of the SFWUK member writers

韓国SF作家連帯の全体会員リスト

イム・テウン (임태운)

不幸にも冒険のロマンが消えた時代に生まれたが、幸い小説の中に登場する冒険の世界を愛した。 小説を書き始めてから、冒険の世界が宇宙船、宇宙人、超古代文明が登場するSFの世界観だということを自覚した。 総合格闘技専門記者からテレビ版アニメーションシナリオ作家を経て、現在は専業小説家として暮らしている。

2007年のウェブマガジンクロスロードで突然変異の体を持った悪党の成長期の〈앱솔루트바디(アブソリュートボディー)〉でデビューし、《이터널 마일(エターナル・マイル)》、《마법사가 곤란하다(魔法使いが困る)》などの長編小説と12冊の共同短編集に参加した。 怪獣格闘物〈기어몬스터(ギアモンスター)〉で第1回デックスタースタジオSFシナリオ公募展で大賞を受賞しており、スポーツゾンビ物〈태릉좀비촌(泰陵ゾンビ村)〉で、ネイバーウェブ小説の公募戦で優秀賞を受賞した。

SFというジャンルの中でコズミックホラー、ゾンビ物など馴染み深いコードに滑稽な小人輩の群像劇を交えて独自的な世界を開拓している。 2編の長編と3編の短編の映像化の版権契約を結んだ経緯がある。 SF小説の持つビジュアルエンターテインメントとしての魅力を極大化させることを目指している。


Bio-bibliography written by Taewoon Lim, emended by Myunghoon Bae, translated by Dongjin Lee.
The SFWUK and the introduced writer hold the copyright on each bio-bibliography. Please contact the SFWUK at int@sfwuk.org to request permission to use the content.

著者: イム・テウン | 編著: ぺ・ミョンフン | 翻訳: リ・ドンジン(日本語版)

この作家紹介の著作権は韓国SF作家連帯と個々の会員にあります。内容に関する質問は int@sfwuk.org にご連絡いただきたいです。