会員リスト

The  Complete and thorough bio-bibliography of the SFWUK member writers

韓国SF作家連帯の全体会員リスト

キル・サンヒョ (길상효)

童話より生物図鑑や科学の本の方をより多く読みながら育った。 状況劇を書いては録音して遊び、学芸会、演劇、脚本をよく引き受けた。 中2から映画を見ては、内容と人物に対する分析をぎっしり整理し、高校の放送部では先輩達の厳しい指導を受け、毎週2本ずつ原稿を書いた。

新素材工学を専攻して映画学修士を修了した。 1992年SBSミニシリーズ脚本公募佳作に当選した後、青少年ドラマ〈공룡선생(恐竜先生)〉の脚本を執筆した。 子どもと一緒に夢中だった絵本の世界に子どもが育った後でも残り、絵本を書き始めた。 2015年、少年韓国文学部門大賞を受賞した《골목이 데랴다 줄거에요(路地が送ってくれるんです)》のほかに《최고 빵집 아저씨는 치마를 입어요(最高パン屋さんおじさんはスカートをはきます)》、《점동아, 어디 가니?(ジョムドン、どこに行くの?)》 などを書いた。 絵本の講演や外国の絵本と青少年小説の翻訳も並行して行う。

科学と文学の中間のどこかに立とうという勇気で書いた初のSF〈소년시절(少年時代)〉に2018年に韓国科学文学賞佳作に選定、「欲張らず、話を忠実に引き出した筆力と構成力が目立ち、今の韓国の作家が書くことができ、読者が共感できる模範的な小説」という評価を受けた。

自分がSFにすうっと足を踏み入れたように、周辺の平凡な読者たちもSFにすうっと連れてくる事が出来るストーリーを書こうとしている。


Bio-bibliography written by Sanghyo Kil, emended by Myunghoon Bae, translated by Dongjin Lee.
The SFWUK and the introduced writer hold the copyright on each bio-bibliography. Please contact the SFWUK at int@sfwuk.org to request permission to use the content.

著者: キル・サンヒョ | 編著: ぺ・ミョンフン | 翻訳: リ・ドンジン(日本語版)

この作家紹介の著作権は韓国SF作家連帯と個々の会員にあります。内容に関する質問は int@sfwuk.org にご連絡いただきたいです。