会員リスト

The  Complete and thorough bio-bibliography of the SFWUK member writers

韓国SF作家連帯の全体会員リスト

ナム・ユハ (남유하)

幼い頃から奇妙な想像と友達のように過ごした。 そしていつからかそれらを短い文章で書き始めた。 大学で哲学を、大学院で政治学を学んだ。 記者になりたかったが、なぜか国会で補佐官を務めていた。 政治の渦の中でも、いつかはベストセラーを書くという夢だけは大切にした。 2014年ザ・ストーリーワークスで主催したアイデア公募戦で〈유통기한(賞味期限)〉で受賞した。 これを契機に急に創作熱が燃え上がり、本格的な小説習作を書き始めた。 2016年からは果敢に専業作家を宣言し、物書きに最適化された人生を生きている。

2018年、大田(テジョン)情報文化産業振興院が主催した第5回科学分野ジャンル小説の公募戦で短編〈미래의 여자(未来の女)〉で優秀賞を受賞、デビューした。オンウジュ出版社の《女性作家SF短編集》に〈국립존업보장센터(国立尊厳保障センター)〉を収録した。 SFだけでなく、ロマンスでも優れた実力を示しており、教保(キョボ)文庫のプラットフォームであるドクソダに三本の長編小説を連載、2018年ワンストアブックスが主催したウェブ小説の公募戦では〈말을 해 말을(何か言えよ)〉という作品で優秀賞を受賞した。 読者の胸を寒くさせるような、夢も希望もない近未来の話を主に書くが、読者の胸を響く「一発」のある話を書き出すために孤軍奮闘している。


Bio-bibliography written by Youha Nam emended by Myunghoon Bae, translated by Dongjin Lee.
The SFWUK and the introduced writer hold the copyright on each bio-bibliography. Please contact the SFWUK at int@sfwuk.org to request permission to use the content.

著者: ナム・ユハ | 編著: ぺ・ミョンフン | 翻訳: リ・ドンジン(日本語版)

この作家紹介の著作権は韓国SF作家連帯と個々の会員にあります。内容に関する質問は int@sfwuk.org にご連絡いただきたいです。