会員リスト

The  Complete and thorough bio-bibliography of the SFWUK member writers

韓国SF作家連帯の全体会員リスト

パク・チアン (박지안)

幼い頃、本を読むことと絵を描くことに夢中だった、クラスには一人いる変わり者の少女だった。 その後、漫画家を夢見るようになり、芸術高校の漫画創作科に入ったが、小説を書く楽しさを知り、文芸創作科のある大学に進学した。 純粋文学を専攻しながらもミステリー、推理、恐怖、SFなど多様なジャンル文学を耽読した。 この時貯めておいた知識は、論述講師として学生たちを教える時に大いに役立った。 食べて行くことで忙しい憂鬱な30代を迎えるころには、SFと心理スリラーを融合させた中編小説〈코로니스를 구해줘(コロニスを救って)〉が2016年、マネートゥデー、第1回韓国科学文学賞に当選した。 2015年ファウングムガジ第1回テイスティー文学賞に当選した短編〈해피 버스데이, 3D 미역국(ハッピーバースデー、3Dわかめスープ)〉は2017年単行本《7味7作》に掲載された。 同年8月、ウェブジーンクロスロードに短編〈AI는 에스프레소를 마신다(AIはエスプレッソを飲む)〉を発表した。

 サブカルチャーや純粋芸術などジャンルにとらわれない多様な関心事が長所だ。 既存のSFと純粋文学の自然な結合を研究すると同時に、小説は必ず「面白さ」あるべきという信念を持っている。 SF小説を通じて、技術発展が平凡な人々に与える影響を絶えず考えている。


Bio-bibliography written by Jian Park emended by Myunghoon Bae, translated by Dongjin Lee.
The SFWUK and the introduced writer hold the copyright on each bio-bibliography. Please contact the SFWUK at int@sfwuk.org to request permission to use the content.

著者: パク・チアン | 編著: ぺ・ミョンフン | 翻訳: リ・ドンジン(日本語版)

この作家紹介の著作権は韓国SF作家連帯と個々の会員にあります。内容に関する質問は int@sfwuk.org にご連絡いただきたいです。